時事問題入門:新聞を読む! 【7月30日】東アジア共同体と日本
  • 教室開催

  • 大賀 哲(九州大学大学院法学研究院准教授)
講師詳細

 私たちを取り巻く政治、経済、社会は刻々と変化しています。新聞に毎日掲載される「社説」は、ニュースなどで取り上げられる時事問題を題材として、政治の動き、経済の流れ、私たちの生活を論じてくれています。今期のこの講座では、戦後日本とアメリカ(4月)、日本の国際関係と憲法改正(5月)、日本の選挙制度改革(6月)、アメリカ大統領選挙と国際関係(7月)、東アジア共同体と日本(7月30日)、戦後補償と歴史認識問題(9月)などのトピックの解説をしながら、朝日・毎日・読売・日経・西日本新聞などの主要紙の社説を取り上げ、何が問題となっているのかをじっくりと考えていきたいと思います。

この講座は終了しました
日程
2021/7/30
曜日・時間
第2週 金曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

大賀 哲(オオガ トオル)
九州大学大学院法学研究院准教授。専門は国際政治学。英エセックス大学博士課程修了(Ph.D.)。神戸大学大学院国際協力研究科助教を経て、2008年より現職。この間、英オックスフォード大学客員研究員、英ケンブリッジ大学客員研究員など。2016年より米コロンビア大学人権研究所客員研究員を兼任。主要著書に『国際社会の意義と限界』(国際書院、2008年)、『東アジアにおける国家と市民社会』(柏書房、2013年)。