《特別》日本古典文芸を楽しむ~『源氏物語』総角の巻 佐賀出張講座
  • 教室開催

  • 田中 道雄(佐賀大学名誉教授)
講師詳細

 『源氏物語』の最後に現われる宇治という舞台、まずは姫君たちをめぐる薫と匂宮との複雑な恋物語を読みましょう。

※会場は朝日新聞佐賀総局です

お申し込み

注意事項

講座日にご注意ください。
8月は第3・第5週に、9月は第2・第4週に行います。

日程
2021/7/5, 7/19, 8/23, 8/30, 9/13, 9/27
曜日・時間
第1 第3 (原則) 月曜 10:00~11:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 13,860円 一般 13,860円
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

会場は、朝日新聞佐賀総局です。
その他
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

田中 道雄(タナカ ミチオ)
1932年ソウル生まれ。佐賀大学文理学部卒業。九州大学大学院博士課程を終え学位取得。高校・高専の教師に始まり、九州工業大学・鹿児島大学教育学部・佐賀大学文化教育学部・別府大学文学部で日本文学を講じてきた。俳諧が近代へ向かって変わっていく姿をさぐり、『蕉風復興運動と蕪村』(岩波書店、2000年)などを著し、隠れた立役者だった蝶夢の事業を『蝶夢全集』(和泉書院、2013年)にまとめた。現在、その続編を編纂中。芭蕉・去来にかかわる遺跡、義仲寺・落柿舎の保存会の役員を務める。