芥川賞作家・村田喜代子の老婆3部作の大いなる世界 エリザベスから鳥、沈没船まで

  • 村田 喜代子(作家(芥川賞))
講師詳細

 芥川賞作家・村田喜代子さんの講演会です。
 「エリザベスの友達」「飛族」など今年発表した作品の話を中心に、2019年を振り返ります。

お申し込み
日程
2019/12/14
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など


※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

村田 喜代子(ムラタ キヨコ)
北九州市出身。1977年 『水中の声』で第7回九州芸術祭文学賞最優秀作。その後、1987年『鍋の中』芥川賞。 1990年『白い山』女流文学賞。 1992年『真夜中の自転車』平林たい子文学賞。1997年『蟹女』紫式部文学賞。 1998年「望潮」川端康成文学賞。 1999年『龍秘御天歌』芸術選奨文部大臣賞。2010年『故郷のわが家』で野間文芸賞。2014年『ゆうじょこう』で読売文学賞。2017年日本芸術院会員に選ばれる。