• トライアル可

朝鮮王朝初期の鋳鐘 国王は梵鐘がお好き?

  • 濱田 耕策(九州大学名誉教授)

 古代の新羅、中世の高麗、近世の朝鮮王朝時代では政治思想は儒教、王室と個人は仏教と民間信仰を崇めたとまずは理解できます。
 本講座ではこの三代の王朝が大鐘を鋳造していることに注目します。大鐘の音響を通して民心を安静にし、城内と城外の往来を規制して社会秩序を保ちます。
 梵具でありながら統治の道具としての大鐘の歴史を学びます。

1)1月15日 新羅の聖徳大王神鐘
2)1月29日 高麗の大鐘
3)2月5日 朝鮮朝太祖と大鐘
4)2月19日 太宗と大鐘
5)3月4日 世宗と大鐘
6)3月18日 世祖と大鐘

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/1/15, 1/29, 2/5, 2/19, 3/18, 3/25
曜日・時間
第1週・第3週 水曜 14:30~16:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。
その他
※設備費は、教室維持費です。