日本の神さまと仏さま
  • 教室開催

  • 関 一敏講師
  • 関 一敏(九州大学名誉教授)
講師詳細

 宗教は日本人の苦手なテーマです。その理由は、身の回りに数多くの神と仏がおられるのに、きちんと宗教について学ぶ機会のなかったことにあります。今回は奈良時代からの「神仏習合」と幕末維新期の「神仏分離」という二つのトピックスを入り口に、日本の神仏についての最小限の歴史を学びます。これを知ることは、わたしたちが現代日本の宗教状況をどう判断し、どう生きるべきかに大きなヒントを与えてくれるでしょう。

この講座は終了しました
日程
2022/11/29
曜日・時間
火曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,860円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具

※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に220円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

関 一敏(セキ カズトシ)
1949年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程、パリ大学Ⅳ博士課程修了。
筑波大学助教授、九州大学教授を経て現在九州大学名誉教授。福岡市史編集委員。
NPO法人ウェルビーイング附属研究所主席研究員。