なぜ村上春樹はノーベル文学賞を獲れないのか?

  • 岡野 進(元九州大学言語文化研究院教授)

 2018年のノーベル文学賞はポーランドの作家オルガ・トカルチュクさん、 2019年のノーベル文学賞はオーストリアの作家ペーター・ハントケさんに 授与されることになりました。
 今回も村上春樹は受賞を逃したわけですが、なぜ世界中で読まれ、多くの文学賞を与えられている村上春樹がノーベル文学賞を獲得できないのか?
 人気があるとはいえ、所詮村上春樹はエンターテイメントの作家にすぎないのか、あるいは世界文学に貢献する、人気のみならず、実力をも兼ね備えた作家なのか?いずれも、難しい問題です。以上の二つの点を中心に、分かり易く解説します。

この講座は終了しました
日程
2019/11/30
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
その他
※設備費は、教室維持費です。