水俣病闘争 熱い時代の記憶【オンライン講座】
  • 教室・オンライン同時開催

  • 米本 浩二(作家 石牟礼道子資料保存会研究員)
講師詳細

  水俣病闘争とは、1968年から73年までに繰り広げられた水俣病患者救済運動の総称です(闘争の時期については諸説あり)。水俣病の発生、支援組織(水俣病市民会議と水俣病を告発する会)発足、旧厚生省占拠、巡礼姿での加害企業株主総会乗り込み、加害企業本社を占拠しての直接交渉……。「怨」の吹き流しや、「死民」のゼッケンなど、最もラディカルで大規模な公害闘争として知られる水俣病闘争は、どのように生まれ、全国に支援の輪を広げていったのか。『苦海浄土』で知られる石牟礼道子とその同伴者渡辺京二の知られざるコミットを明らかにしつつ、人間存在を根本的に問い直した闘争の経緯をたどります。

 〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」【ミーティング】を使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室で講義されます)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
本講座は見逃し配信(1週間限定)ができます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。
メールが届かない場合は fk9asacul@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。
キャンセルの場合はfk9asacul@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

 本講座はZoomミーティングを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室で講義されます)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【fk9asacul@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
教室受講の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/fukuoka/4d94b9ec-a1ab-c9ad-05af-62df82d81eb9

日程
2022/10/29
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,410円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に220円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。
その他
この講座は、講師は教室で講義されます。
参加の方は、ZOOMミーティングを使って参加していただきます。
教室にお越しになって、テレビ会議方式で参加を希望される方のお申し込みはこちらです。

講師詳細

米本 浩二(ヨネモト コウジ)
 1961年、徳島県生まれ。毎日新聞記者をへて著述業。石牟礼道子資料保存会研究員。著書に『みぞれふる空-脊髄小脳変性症と家族の2000日』(文藝春秋)、『評伝 石牟礼道子-渚に立つひと』(新潮社、第69回読売文学賞評論・伝記賞)、『不知火のほとりで-石牟礼道子終焉記』(毎日新聞出版)、『魂の邂逅-石牟礼道子と渡辺京二』(新潮社)。福岡市在住。