• トライアル可

「源氏物語」 ~楽しく学ぶ平安朝文学
  • 教室開催

  • 田坂 憲二(元慶應義塾大学文学部教授)
講師詳細

 すぐれた文学作品は時間を越えて生き続け、千年前の『源氏物語』は現代の私達を魅了してやみません。『源氏物語』を 優しく読み解きながら、この作品の持つ様々な魅力に迫ります。現在は、第三部、光源氏や紫の上が亡くなった後の物語を読んでいます。
 女三宮の子の子で出生の秘密を抱える薫、光源氏の孫で紫の上の愛情を一身に受けて育った匂宮、没落した宇治の八宮の遺児の大君と中の君と浮舟の五人が物語を紡ぎ出します。このうち薫が思いを寄せていた大君は世を去り、大君そっくりの異母妹浮舟がこれからの物語の主人公となります。薫と匂宮、親友同士の二人が浮舟を巡って対立する、波乱の展開となる、浮舟巻を読み進めます。

★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2021/7/5, 7/19, 8/2, 8/30, 9/6, 9/20
曜日・時間
第1週・第3週 月曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 14,520円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
テキスト:『源氏物語(八)』(新潮社)を推薦しますが、お手持ちのもので構いません。
*テキストの注文承ります。事前にお申込ください。


※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

田坂 憲二(タサカ ケンジ)
1952年福岡県生まれ。九州大学大学院修了。福岡女子大学教授、群馬県立女子大学教授、慶應義塾大学教授を歴任。専攻は『源氏物語』を中心とする平安時代文学。著書に『源氏物語の政治と人間』(慶應義塾大学出版会)、『源氏物語の人物と構想』(和泉書院)、『源氏物語の方法を考えるー史実の回路』(武蔵野書院、共編著)、『名書旧蹟』(日本古書通信社)などがある。