• 見学可
  • トライアル可

楽々きもの塾 応用科 萱島きもの研究会

  • 萱島 智子(楽々きもの塾主宰)
講師詳細

 現代は着物を着る人が少なくなりました。日本の文化を伝えていくためにも、気軽で身近なものとして、着物を生活に取り入れてみませんか。
 応用科は、「自装」をマスターされた方に御受講いただくクラスです。人に着物を着せる「他装」の技術を習得します。身近な若い方や外国の方へ着物を着せてあげて、喜ばれるのも嬉しいものです。頑張れば「着付け技能士」の資格取得も夢ではありません。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/12, 10/26, 11/9, 11/16, 11/23, 12/7
曜日・時間
第2土曜・第4土曜 土曜 13:30~15:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
着付けに必要なもの一式をお持ちください。
着物(街着)、長襦袢、肌襦袢、裾よけ、腰紐4本、伊達締め2本、名古屋帯、帯揚、帯締、足袋、タオル2本、ピンチ2個、裁縫道具(半襟をかける方)
その他
※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

萱島 智子(カヤシマ トモコ)
萱島きもの研究会(下関)開設者の姑、萱島フサ子について35年の間十二単、花嫁、紋服、甲冑など平安時代から続くVSOP(ベリースペシャルワンパターン)を勉強し、継承している。山口・下関では壇ノ浦源平合戦の安徳帝正装参拝、源平船合戦などを毎年行っている。親子で着物を着付けする「家族で着物文化」も推進している。