• トライアル可

高麗の歴史都市・開城

  • 濱田 耕策(九州大学名誉教授)

 高麗(918~1392年)の歴史を都であった開城の都市構成と寺院の儀礼を中心に考察します。開城は38度線を越えて直ぐの古都です。郊外に立地する開城工業団地はTVニュースでしばしば耳目に触れます。
 高麗の歴史は朝鮮古代と近世の朝鮮王朝の狭間にあって学ぶ機会は多くありません。わが国では元寇(文永〔1274年〕・弘安〔1281年〕の役)前後に元帝国に従属した歴史がよく知られています。本講座では500年に近い高麗の歴史に新たな一歩を踏み入れます。

1)10月2日(水)開城の都市構成
2)10月16日(水)開城の寺院
3)11月6日(水)開城の仏教儀礼
4)11月20日(水)演福寺の歴史
5)12月4日(水)演福寺鐘の銘
6)12月18日(水)演福寺鐘の装飾

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/10/2, 10/16, 11/6, 11/20, 12/4, 12/18
曜日・時間
第1週・第3週 水曜 14:30~16:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。
その他
※設備費は、教室維持費です。