ルソーの自伝『告白』を読む

  • 井関麻帆講師
  • 井関 麻帆(福岡大学人文学部フランス語学科講師)
講師詳細

 ジャン=ジャック・ルソー(1712-1778)は、フランス革命に大きな影響を与えた人物です。『社会契約論』や『エミール』、また18世紀のフランスでベストセラーとなった恋愛小説『新エロイーズ』など多くの作品を残し、日本でも明治時代以降に翻訳されるようになりました。なかでも、自らの生い立ちを赤裸々に綴った自伝『告白』は、日本の文壇に新しい風を吹き込みました。
 ルソーはなぜ自伝を書いたのでしょうか。激動の時代を生きた啓蒙思想家ルソーの生涯はどのようなものだったのでしょうか。今回の講座では、『告白』の序文と第一部に着目し、皆さんと一緒にルソーの人生を読み解いていきたいと思います。

★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。


 

お申し込み
日程
2019/11/30
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

講師詳細

井関 麻帆(イセキ マホ)
パリ第7大学修士課程および博士課程修了。博士(文学)。専門は18世紀フランス文学、特にルソー。東京女子大学非常勤講師、白百合女子大学助教を経て、2018年より現職。