• トライアル可

名画から読む「聖書物語」
  • 教室開催

  • 関 一敏講師
  • 関 一敏(九州大学名誉教授)
講師詳細

 これまで二期にわたって新約(マタイ福音書)・旧約聖書(創世記から列王記まで)をめぐる名画をとりあげ、その物語群を学んできました。今回はバビロン捕囚(紀元前6世紀)以降のユダヤ民族の成立と離散、ローマ帝国下のユダヤ人たち、二度にわたる神殿の壊滅、キリスト教の誕生といった歴史的展開を、諸書や預言書をテキストに、名画とともに追ってみましょう。これまでやってきたことを簡単にふりかえりながらの総まとめになります。講義はスライドを中心に、最小限のテキストを配布します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

※8月の講座日は4週目、5週目です。

日程
2021/7/13, 7/27, 8/24, 8/31, 9/14, 9/28
曜日・時間
第2週・第4週 火曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,170円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
筆記用具


※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

関 一敏(セキ カズトシ)
1949年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程、パリ大学Ⅳ博士課程修了。
筑波大学助教授、九州大学教授を経て現在九州大学名誉教授。福岡市史編集委員。
NPO法人ウェルビーイング附属研究所主席研究員。