「フランス美術」 ロココと装飾性

  • 武末祐子講師
  • 武末 祐子(西南学院大学文学部教授)
講師詳細

 2020年2月4日~3月29日に「ルネ・ユイグのまなざし、フランス絵画の精華―大様式の形成と変容」の展覧会が、九州国立博物館において開催されます。
 本講座では、2回に渡って展覧会(17世紀~19世紀前半の作品)の見どころを解説します。
 第2回目は、ロココの装飾性とは何か。壮大・儀礼的なバロックと異なり繊細・優美・軽快を特徴とするロココは、室内芸術の極致であり、建築・彫刻・絵画・工芸などに渡ります。ロココは、岩、洞窟、貝殻などを指すロカイユが由来とされるが、なぜなのか。ヴァトー、フラゴナール、ヴィジェ・ルブランなどを取り上げ、マリー=アントワネットのプチ・トリアノンを解説します。 

お申し込み
日程
2020/3/16
曜日・時間
月曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,190円
設備費(税込)
110円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。

※受講手続きは事前にお済ませ下さい。当日入金は、受講料に200(税別)円を加えた金額で承ります。
※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

武末 祐子(タケマツ ユウコ)
西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻教授。西南学院大学卒業。1986年~1987年、フランス政府給費留学生。1987年、グルノーブル第3大学フランス文学研究科DRS(博士)。1995年、パリ・ソルボンヌ第4大学DEA取得。専門は、フランス19世紀文学。研究テーマはグロテスク美学。著書は『グロテスク・美のイメージ―ドムス・アウレアからフロベールまで』(春風社)など。フランス語教育にも関心があり、論文執筆・発表を行っている。