『雨月物語』を読む
  • 教室開催

  • 川平 敏文(九州大学大学院人文科学研究院教授)

 『雨月物語』は、江戸時代中期に書かれた読本で、九つの短編からなる怪談小説です。作者の上田秋成は、和歌文学や『伊勢物語』『源氏物語』などの物語文学にも造詣が深かったため、その文章の端々に、日本古典の遺伝子が宿っています。男女の愛欲、友情の悲劇、世間への怨念、異世界への越境など、その内容はじつにバラエティに富んでいて、読む者を飽きさせません。まさしく、江戸文学の白眉といってよいでしょう。 本講義では、活字とともにくずし字のテキストも併用しながら、本書を味読していきたいと思います。
 現在(2022年10月)からは、蛇性の婬(じやせいのいん)を読んでいます。

*講師は、オンラインで出講します。
 

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

講師は原則オンラインで出講します。
教室は大型モニターで受講していただきます。

日程
2022/10/13, 10/27, 11/10, 11/24, 12/8, 12/22
曜日・時間
第2・第4 木曜 10:00~11:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 14,520円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
雨月物語 現代語訳付き 改訂版(角川ソフィア文庫・鵜月洋 訳注/880円)をご用意ください。


※設備費は、教室維持費です。