南方熊楠の民俗学 動物の民俗 その3

  • 吉田 扶希子(西南学院大学非常勤講師)

 民俗学者南方熊楠の著『十二支考』を参考に、新たに動物に関する民俗を考えていきましょう。動物は、その外見や形態から、神さまとして祀られるもの、神の遣いとなるもの、妖怪として恐れられるものなど様々です。昔話や伝説の主人公となり、私たちに語りかけています。一緒に辿っていきませんか?

10月 8日 鳥(その1)酉
11月12日 鳥(その2)白鳥
12月10日 猿
 


★継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/8, 11/12, 12/10
曜日・時間
第2 木曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,590円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。