フランス文学へのいざない

  • 持田 明子(九州産業大学名誉教授)

 長い歴史を持つフランス文学は、忘れられない名作を数多く生み出し、世界中で読み継がれてきました。今回のシリーズでは、第1次、第2次と二つの大戦を経験した、20世紀に発表された作品を選びました。〈文学の愉しさ〉がたっぷり味わえますように。

〈カリキュラム予定〉
4月6日:アポリネール 詩集『アルコール』
6月1日:ジッド 『田園交響楽』
6月29日:サン=テグジュペリ 『夜間飛行』
7月6日:ヴェルコール 『海の沈黙』
8月3日:ボーヴォワール『他人の血』
9月7日:サガン 『ブラームスはお好き』

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/4/6, 6/1, 6/29
曜日・時間
第1 月曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 7,260円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具をお持ちください。


※設備費は、教室維持費です。
※継続受講の方は、当月に入ってからのご入金は窓口でのお支払いをお願いします。