アジアNOW 8月 アジアの動きを追う

  • 世界遺産マカオ最古の媽閣廟
  • 津田 邦宏(朝日新聞元アジア総局長)
講師詳細

アジアのいま」を追いかける。
8月テーマ
 ◇米中対立は新たな段階に入った
   米中対立は双方の「総領事館閉鎖命令」まで行き着き、79年の国交正常化以来
   最悪の状況になった。米国は従来の中国の発展を支えながら社会変化を期待す
   る「関与政策」と決別、中国も強硬姿勢を崩さない。関係改善への道筋は見え
   てこない。
 ◇新型コロナ後の「覇者」はだれか
   新型コロナへの喫緊の課題はワクチン開発だ。米中を巻き込んでの開発合戦
   の勝者がその後の社会をリードするかもしれない。封じ込めに成功したかに
   みえる中国流政治体制が正当性を得るのか、民主主義の価値観がなお必要と
   される時代なのか。
 ◇日韓関係は元徴用工訴訟の「資産売却手続き完了」で再び揺れる
   韓国・大邱地裁の元徴用工訴訟「公示送達」により、日本製鉄(旧新日鉄住金)
   への韓国内資産差し押さえ命令は8月4日に伝えられたとみなされる。日本政府
   ・企業は解決済みとの立場だが、韓国政府は差し押さえ・売却の「実行」にど
   う対応するのか。

お申し込み
日程
2020/8/27
曜日・時間
第4週 木曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円

講師詳細

津田 邦宏(ツダ クニヒロ)
朝日新聞香港支局長として1997年の香港返還を取材、アジア総局長(バンコク)時代は広くアジア全域をフォロする。朝日カルチャーセンター千葉元社長。2013年春から2年間、台北に居を移し、台湾からアジアを眺める。