【教室受講】見えづらい“現実”を可視化する ~伊藤詩織が伝えたいこと オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • Hanna Aqvilin撮影
  • 伊藤 詩織(映像ジャーナリスト)
講師詳細

映像ジャーナリストとして、ニュースやドキュメンタリー作品を国内外で発信する伊藤詩織さん。なぜ映像なのか、カメラを通して見えてきたこと、映像に託す思い、伊藤さんが映像ジャーナリストとして伝えたいことを自作のショートドキュメンタリーを題材に語る。

■オンライン受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/741a5dc7-3c47-72b6-6eb8-60efb850fac0

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは教室受講用の受付になります。オンライン受講はこちらからお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/741a5dc7-3c47-72b6-6eb8-60efb850fac0
・教室受講でお申し込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2021/9/5
曜日・時間
日曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:受講券または「お申し込み完了」画面がみられる端末
※入場前の検温、手指の消毒、マスクの着用など感染症対策にご協力をお願いいたします。
※教室は、変更になる場合がございます。

講師詳細

伊藤 詩織(イトウ シオリ)
1989年生まれ。ジャーナリスト。BBC、アルジャジーラ、エコノミストなど、主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信している。国際的メディアコンクールNew York Festivals 2018では制作したドキュメンタリー『Lonely Death』(CNA)と『Racing in Cocaine Valley』(Al Jazeera)が2部門で銀賞を受賞。性暴力被害についてのノンフィクション『Black Box』(文藝春秋社)は本屋大賞ノンフィクション部門にノミネートされる。第7回自由報道協会賞では大賞を受賞し、5ヶ国語で翻訳される。

2019年ニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。
2020年米TIME誌の世界で最も影響力のある100人に選出される。