【教室受講】恐山僧侶・南直哉の「死に向かって生きる」 オンライン講座
  • 教室開催

  • 南直哉氏(田島昭撮影)
  • 南 直哉(青森県恐山菩提寺院代 福井県霊泉寺住職)
講師詳細

コロナ禍で「死」を自分のこととして考える機会が増えた。死は絶対にわからない経験できない観念だ。逃れられない。死ぬこととは、その恐怖をどう克服するか、苦しまない死に方をするためには、死への“苦痛”を減らすにはどう生きたらよいのか、死を突き詰める。

■オンライン受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/da7a6f17-ba11-de17-784c-610ca0b4601d

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは教室受講用の受付になります。オンライン受講はこちらからお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/da7a6f17-ba11-de17-784c-610ca0b4601d
・教室受講でお申し込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2021/11/6
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:受講券または「お申し込み完了」画面がみられる端末
※入場前の検温、手指の消毒、マスクの着用など感染症対策にご協力をお願いいたします。
※教室は、変更になる場合がございます。

講師詳細

南 直哉(ミナミ ジキサイ)
1958年長野県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て、1984年に曹洞宗で出家得度。同年、福井県の大本山永平寺へ入門。2003年まで約20年の修行生活を送る。現在、福井県霊泉寺住職、青森県恐山菩提寺院代をつとめる。著書に『日常生活のなかの禅』『「正法眼蔵」を読む』(講談社メチエ)、『老師と少年』(新潮社)、『「問い」から始まる仏教』(佼成出版社)、『なぜこんなに生きにくいのか』(講談社インターナショナル)『恐山-死者のいる場所』(新潮新書)、共著に『〈問い〉の問答』(玄侑宗久氏、佼成出版社)、『人は死ぬから生きられる』(茂木健一郎氏、新潮社)、『超越と実存―「無常」をめぐる仏教史』(新潮社、第17回小林秀雄賞受賞)などがある。