名画から自由に物語を書いてみよう 想像の世界へ漕ぎだそう!

  • 太田治子講師
  • 太田 治子(作家)
講師詳細

 子供の頃、想像の翼に乗って物語を紡いだこと、長らく忘れていませんか。太田治子さんの「湘南幻想美術館」(かまくら春秋社)は、そんな楽しさを思い出させてくれる物語が詰まっています。
 湘南の名画から紡がれた太田さんのストーリーを参考にして、作中の名画を一つ選び、あなたの耳に聞こえる物語を紡いでみましょう。コロナで外出が思うに任せない今ですが、心は遥か遠い世界へ自由に羽ばたけます。いざ,想像の世界へ!
 聴講だけの方も大歓迎です!!

お申し込み
日程
2021/5/26
曜日・時間
水曜 13:30~15:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,840円 一般 5,390円
設備費(税込)
110円
持ち物など
・テキスト=太田治子著「湘南幻想美術館」(かまくら春秋社)
・5月1日までに千葉教室・担当丸島宛に作品をご提出下さい。
・字数は400字~800字。

講師詳細

太田 治子(オオタ ハルコ)
 明治学院大学文学部英文科卒。高校2年の時に書いた手記「十七歳のノート」が話題となる。昭和61年『心映えの記』で坪田譲治文学賞受賞。昭和51年から54年まで、NHK「日曜美術館」でアシスタントをつとめる。『母の万年筆』『私のヨーロッパ美術紀行』『万里子とわたしの美術館』『万里子の色鉛筆』『空の上のお星さま』『絵の中の人生』『青い絵葉書』『花の見た夢』『風の見た夢』『恋する手』『石の花』『明るい方へ』『時こそ今は』『夢さめみれば-日本近代洋画の父・浅井忠』、『星はらはらと-二葉亭四迷の明治』『100分de名著 中原中也詩集』『湘南幻想美術館―湘南の名画から紡ぐストーリー』など多数。