【教室受講】 望月衣塑子がえぐる!国民の命より五輪? ~コロナ禍のビジョンなき菅政権 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 望月 衣塑子(東京新聞記者)
講師詳細

東京五輪の開催強行に、政府分科会の尾身会長までもが「パンデミックの中での開催は普通でない」との認識を示した。
菅首相は開催理由に「世界の団結の象徴」との“理屈”を持ち出した。コロナ禍での“行き当たりばったり政権”の本性をえぐり出す。

■オンライン受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/47b92eba-9c1e-57e8-9ddf-60bec6244218

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・こちらは教室受講用の受付になります。オンライン受講はこちらからお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/47b92eba-9c1e-57e8-9ddf-60bec6244218
・教室受講でお申し込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2021/8/1
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:受講券または「お申し込み完了」画面がみられる端末
※入場前の検温、手指の消毒、マスクの着用など感染症対策にご協力をお願いいたします。
※教室は、変更になる場合がございます。
その他
会場は、三井ガーデンホテル4階「白鳳の間」に変更になりました。(7/28更新)

講師詳細

望月 衣塑子(モチヅキ イソコ)
2000年東京新聞に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。04年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をス クープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。東京地裁・高裁での裁判を担当、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などテーマに取材。17年4月以降は、森友学園・加計学園疑惑の取材、伊藤詩織さんの準強姦疑惑事件の取材などにも関わる。