柳美里&ロバート キャンベル対談 オンライン講座

  • 柳美里さん・ロバート キャンベルさん
  • ロバート キャンベルさん
  • 柳美里さん 撮影 宍戸清孝
  • 柳 美里(作家)
  • ロバート キャンベル(日本文学研究者)
講師詳細

全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞。東日本大震災を機に福島・南相馬に移り住み、執筆活動する柳美里さん。「自分が聴く言葉によって導かれた」と話す。「JR上野駅公園口」執筆の動機、作品に込めた思い、なぜ外国でも評価されたのか、日本人、外国人としてこの作品を読んだロバート キャンベルさんとの対談。執筆構想中の「JR常磐線夜ノ森駅」にもふれる。

■会場での受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/d1727811-b6bb-fa18-b2ac-607112639a0d

■春のお得な割引キャンペーン対象講座です。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
https://www.asahiculture.jp/page/chiba/springcp2021

<ご案内事項>
●本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は、cb0001-info@asahiculture.co.jp までお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みは開講日の3日前までWEB決済のみで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は、お電話で千葉教室までご連絡ください(電話番号:043-227-0131)。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 cb0001-info@asahiculture.co.jp までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。オンライン受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。(教室受講でお申し込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。)

日程
2021/6/20
曜日・時間
日曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 4,070円
設備費(税込)
110円

講師詳細

柳 美里(ユウ ミリ)
1968年、茨城県土浦市生まれ。高校中退後、東由多加率いるミュージカル劇団「東京キッドブラザース」に入団。俳優を経て、87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を最年少受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。2018年、福島県南相馬市小高区の自宅を改装し、ブックカフェ「フルハウス」をオープン。同年「青春五月党」を復活させる。2020年、『JR上野駅公園口』で全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞。近著に小説『飼う人』『JR品川駅高輪口』『JR高田馬場駅戸山口』、エッセイ集『南相馬メドレー』など。
ロバート キャンベル(Robert Campbell)
1957年ニューヨーク生まれ。ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了。九州大学、国文学研究資料館を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は日本近世文学、日本近代文学、とりわけ近世後期から明治にかけての漢詩文。編著に、『読むことの力』(編、講談社)、『江戸の声――黒木文庫でみる音楽と演劇の世界』(編、東京大学大学院総合文化研究科)、『明治漢文小説集』(共著、岩波書店)等。論文に、「読み書きの風景――幕末明治の漢詩文」(『古典日本語の世界』)、「明治零年代の「繁昌」」(『日本を意識する』)、「維新期の郭メディアと「開化」」(『岩波講座文学』)、「獄舎の教化と「文学」」(『国語と国文学』)、「明治十年代の江戸の時間」(『江戸文学』)ほか多数。↓↓