• 見学可
  • トライアル可

『徒然草』を読み直す -ひとり生きること

  • 三木講師
  • 三木 紀人(城西国際大学客員教授・お茶の水女子大学名誉教授)
講師詳細

 『徒然草』をさまざまな切り口から、テーマに添って取り上↓げます。
 今回は作者兼好が孤独な人生をどのように展開して行ったか。その問題に触れる章段は「徒然草」の全編にわたっているが、今回は第19、29、21段前後を中心にして選び、兼好の歌集や人生体験、先行する西行、長明の人生と作品」なども参考にしつつ読み、後世の人々の享受にも触れたい。


みき・すみと 1935年生まれ。兵庫県出身。↓中世日本文学専攻。お茶の水女子大学を経て、城西国際大学人文学部教授、日本研究センター所長。著書に『方丈記・発心集』(新潮社)など。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/1/14, 2/11, 3/31
曜日・時間
第2週 火曜 10:00~11:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
テキスト三木紀人 『徒然草全訳注』1-4(講↓談社学術文庫)  現在は、1 を使用。

講師詳細

三木 紀人(ミキ スミト)
1935年生まれ。兵庫県出身。中世日本文学専攻。お茶の水女子大学を経て、城西国際大学人文学部教授、日本研究センター所長。著書に『方丈記・発心集』(新潮社)など。