• 見学可

「万葉集」を読む

  • 荻原 千鶴(お茶の水女子大学名誉教授)
講師詳細

日本最古の歌集『万葉集』。そんなに昔の歌なのに、あるいはそんなに昔の歌だから、その一つ一つのきらめきが、時空を超えて私たちの心にしみこんできます。『万葉集』のさまざまな歌について、映像資料(プレゼンテーション)を用いながら、専門的内容をわかりやすく解説していきます。じっくり考え、じっくり味わって、古代の歌を楽しみながら、知性と感性のブラッシュアップをしてみましょう。

テキスト 『万葉集 訳文篇』(塙書房)
期ごとに「事件」「恋」「季節」などの大きなテーマを設定し、それにかかわる歌を順次読み進めていきます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/4, 10/18, 11/1, 11/15, 12/6, 12/20
曜日・時間
第1週・第3週 金曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 18,480円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
テキスト:『万葉集 訳文篇』(塙書房)
各自ご用意ください

講師詳細

荻原 千鶴(オギハラ チヅル)
おぎはら・ちづる お茶の水女子大学卒業、同大学院修了。お茶の水女子大学講師・助教授・教授を経て、現在はお茶の水女子大学名誉教授。博士(人文科学)。専門は上代日本文学で、『古事記』『日本書紀』風土記『万葉集』などを研究対象とする。上代文学会賞・日本古典文学会賞を受賞。上代文学会代表理事など学会要職を歴任。島根県奥出雲町特別顧問。主要著書『日本古代の神話と文学』『出雲国風土記』など。