学び直しの西洋美術史 今よりもっと西洋絵画を楽しむために!
  • 教室・オンライン同時開催

  • 木谷 節子(アートライター)
講師詳細

日本の美術ファンにとって、西洋絵画は人気の高いジャンル。しかし美術展やテレビ番組では、1人の画家やある時代だけにスポットを当てて紹介することが多いので、西洋美術の長い歴史の中で、その画家がどのような役割を果たし、時代を押し進めてきたのかを、すっきりと理解することが少ないのが現状です。
そこで本講座では、毎回1人の画家を、美術史、あるいはその人が生きた時代とのつながりを意識しながら紹介し、なおかつ作品と画風の変遷がその人の生涯と結びつくように、日頃雑誌などで美術をわかりやすく解説することを仕事としているアートライター目線で解説していきたいと思います。
モネ、ルノワール、ゴッホなどの有名な作品は見たことがあるし、知ってはいるけれど、それらは彼らの一生とどう結びつき、美術の歴史の中でどんな意義があるのか? 作品を見ただけで、それが作者の初期、中期、晩期、どの時代に属するのか判断がつくようになれば、作品鑑賞の幅は広がるはず。点が線になり、線が面になる講座を目指しますので、これから西洋美術を本格的に学びたいという方も、日頃、展覧会や美術番組を見てそれなりに知識はあるよ、という方もぜひ受講してみてください。(講師・記)

<各回テーマ>
第1回 「印象派の父、マネ」
第2回 「うつろう光を追って、モネ」
第3回 「生きる喜びを描く、ルノワール」


〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使った教室でも、オンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は cb9info@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はcb9info@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話043-227-0131で

注意事項

・本講座は【WEB割キャンペーン】の対象講座です。
WEB割料金でのお申し込みはこちら
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/e4ab39ac-3f52-e6e2-b2a9-636a14bda930
※WEB割料金でのお申し込みが定員に達し次第、本ページでの受付を開始いたします。
・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、cb9info@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/1/14, 2/11, 3/11
曜日・時間
第2週 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円

講師詳細

木谷 節子(キタニ セツコ)
1969年東京生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科を卒業後、編集プロダクション勤務を経て、再度、東京藝術大学芸術学科に入学。その頃より現在にいたるまで、雑誌やムック、各種インターネットサイトなどでアート情報を多数発信。現在は「Bunkamura magazine」「ぴあアプリ」「THE RAKE」などで執筆するほか、絵画講座の講師としても活動中。youtube「木谷節子の美術展に行ってきました!」での発信も。