• 見学可

先取り“蔵出し”! 出光美術館の仏教美術の秘宝
  • 教室開催

  • 講師
  • 八波 浩一(出光美術館学芸部専門監)
講師詳細

日本の私立美術館を代表する出光美術館。出光佐三(1885-1981)が蒐集した個人コ
レクションをもとに設立されたこの美術館には、古代中国の青銅器や陶磁器、奈良~
江戸時代の日本の絵画、仙厓の書画、さらにはルオーの油彩画までを含む、幅広い
作品が所蔵されています。今回の講座では、美術館学芸員が選んだ以下の6(3ヶ月
毎だと、3)テーマに沿って厳選した館蔵作品の魅力についてお話しします。
10月期
①近代日本の東洋美術コレクション成立史の中にみる出光コレクション
②青銅器と陶磁器・その不思議な関係-「殷周青銅器」と「宋・元・明代の青磁」
③中国・神仙世界から仏教・極楽世界へ-「漢代鍍金有蓋碗」と「当麻曼荼羅」
1月期
④出光コレクションの変遷とその代表作-「伴大納言絵巻」・等伯・若冲
⑤「禅宗絵画」と「禅画」-雪舟から仙厓まで
⑥概説・ルオーの一大宗教絵巻-油彩画連作「受難」
④ 六道十王図と死後の世界
⑤ 百鬼夜行図巻と化け物たち
⑥ 仙厓の涅槃(ねはん)図と変わり涅槃図

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/23, 11/27, 12/25
曜日・時間
第4週 土曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
330円
その他

講師詳細

八波 浩一(ヤツナミ ヒロカズ)
出光美術館 学芸部専門監 
1962年、福岡県生まれ。国際基督教大学、同大学院修士課程修了(美術・
考古学専攻)。成城大学大学院博士課程修了(古代日本・中国美術史専攻)。1992年、出光美術館に入り、現在、同館学芸課長代理。主に、中国・日本の古代美術、および仙厓の禅画および仏教美術、ルオーを担当。
出光美術館恒例の「仙厓展」をはじめ、「描かれた極楽と地獄展」「アジア美術名品展」「パリ・ギメ美術館展」などを企画、担当。