• 見学可

ポジャギ

  • 作品例
  • 金 仁淑(ポジャギナビ 主宰)
講師詳細

韓国ではものを包んだり、お膳にかぶせる布のことをポジャギ(褓子器)と呼びます。大事にとっておいた布の切れ端を一針一針縫い合わせて一枚のポジャギに仕立てます。韓国独特の手法を取り入れながら現代の暮らしにマッチしたポジャギを作ってみませんか。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/7/17, 8/21, 9/18
曜日・時間
第3週 水曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,720円 
設備費(税込)
324円
持ち物など
裁縫道具

講師詳細

金 仁淑(キム インスク)
手芸家。ポジャギ・ナビ主宰。東京生まれ。1998年から、ポジャギ制作に入る。やさしい風合いの色合わせが特徴。伝統技法を踏まえつつ、古典的なデザインを現代風にアレンジした創作作品が人気。現在、多数のカルチャーセンター等で指導にあたる。