平家追討軍中の千葉氏 中世前期の戦乱と千葉氏

  • 岩田慎平講師
  • 岩田 慎平(愛川町教育委員会スポーツ・振興課郷土資料館主任学芸員)
講師詳細

 治承四年(1180)の以仁王の挙兵は、全国に及ぶ反平家のうねりが表面化したことを告げる戦いでした。同年、伊豆国で挙兵した源頼朝は、房総半島で態勢を立て直し、南関東を制圧します。このとき、千葉常胤とその六人の子息達も頼朝に従います。この治承・文治の内乱における千葉氏一族とその活躍について考察します。


 保元・平治の乱と千葉常胤・上総広常 4/20  野口実
 平家追討軍中の千葉氏        5/18 岩田慎平
 奥州の合戦と千葉常胤・胤正    6/1 野口実
 和田の乱と千葉成胤        6/15 山本みなみ
 承久の乱における千葉氏       6/29 岩田慎平

この講座は終了しました
日程
2019/5/18
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,456円
設備費(税込)
108円

講師詳細

岩田 慎平(イワタ シンペイ)
1978年生。2001年京都教育大学卒。2004年佛教大学大学院文学研究科修士課程修了。2013年関西学院大学大学院文学研究科博士後期課程修了。専門は日本中世史(武士論、鎌倉幕府論、中世社会論)