千葉の身近な古墳を歩く―山武・芝山

  • 下海上の古墳を歩く(2018.11) 豊浦大塚山古墳墳頂にて
  • 姉ヶ崎の古墳を歩く(2018.05)
  • 白井 久美子(千葉県立房総のむら 主任上席研究員)
講師詳細

千葉県内の身近な古墳をめぐるフィールドワーク。今回は山武市と山武郡芝山町の古墳を歩きます。芝山はにわ博物館、芝山町立古墳・はにわ博物館も見学予定。

この講座は終了しました
日程
2020/2/18
曜日・時間
火曜 12:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 11,000円 一般 12,100円
持ち物など
集合:JR千葉駅東口12:20 解散:同駅にて17:30頃予定
行程:12:30千葉駅東口発―東金道路東千葉IC―13:00圏央道松尾横芝IC―13:40大堤権現塚古墳―14:20殿塚・姫塚古墳―14:50芝山はにわ博物館(仁王尊)―15:30芝山町立古墳・はにわ博物館16:10発―東関東自動車道成田IC―千葉駅東口着17:30  ※行程は変更になる場合があります
その他
※受講料はバス代込み。最少催行人数11人(昼食代は含まれていません)
※別途、芝山はにわ博物館(仁王尊)、芝山町立古墳・はにわ博物館入館料各200円が必要です。(65歳以上は割引有。証明書をご提示ください)
※歩きやすい服装、滑りにくい靴でご参加ください

講師詳細

白井 久美子(シライ クミコ)
千葉県出身。1977年早稲田大学第1文学部史学科卒業。78年千葉県教育庁文化財課 文化財センター・史料研究財団勤務、2000年千葉大学大学院社会文化科学研究科後期終了、学位取得。主な著書『古墳から見た列島東縁世界の形成』(千葉大学考古学研究叢書2 2002)、『古墳時代の実像』(吉川弘文館 2008 共著)、 『古墳から寺院へ』(六一書房 2013 共著)。