学び直す世界史
  • 教室開催

  • 講師
  • 鈴村 裕輔(名城大学准教授)
講師詳細

 本講義では、『もういちど読む山川世界史』を教材とし、覚えているようで忘れてしまった世界の歴史の流れを皆さんと一緒に学びなおします。

7月期:民族自決と東アジア
第一次世界大戦後のヴェルサイユ体制下で浸透した民族自決の考えは、世界各地の植民地に独立の動きをもたらします。今回は日本の植民地となった朝鮮半島と日本がさらなる権益の拡大を企図した中国における民族運動を中心に検討します。

7月 服従か抵抗か--植民地化前後の朝鮮
8月 服従か抵抗か--中国の権利回収運動
9月 服従か抵抗か--中国と軍閥の割拠

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

※8/23(月)は休講、9/27(月)12:30-14:00補講を行います。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

日程
2021/7/26, 9/27, 9/27
曜日・時間
第4週 月曜 10:00~11:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 
設備費(税込)
330円

講師詳細

鈴村 裕輔(スズムラ ユウスケ)
1976年生まれ。東京都出身。法政大学大学院国際日本学インスティテュート政治学研究科政治学専攻博士後期課程修了。博士(学術)。法政大学社会学部兼任講師、国際日本学研究所客員学術研究員。主な専門は比較思想、政治史、文化研究。主著に『二〇世紀の思想家たち』(共著、2004年)などがある。