瀬戸内水軍として活躍した白井氏 千葉一族の系譜

  • 外山信司講師
  • 千葉氏系図
  • 外山 信司(元佐倉市史編纂委員)
講師詳細

 千葉一族の白井氏は、下総国白井庄(千葉市若葉区・佐倉市・八街市)の在地領主である。その一方、西国に移った白井氏は、京都・安芸(広島県)・若狭(福井県)等でも活躍した。特に安芸の白井氏は、瀬戸内海の水軍として武田氏・大内氏・毛利氏に仕えた。西国の千葉一族のなかでユニークな存在であった白井氏について紹介する。

1、千葉氏の系図を読み解く        岩橋直樹 10月5日
2、京都なじみの有力御家人東(とう)・木内氏  野口 実   11月16日
3、鎌倉幕府評定衆に列した上総千葉氏  野口 実  11月30日
4、二つの海上氏            岩橋直樹 12月7日
5、瀬戸内水軍として活躍した白井氏       外山信司  12月21日

お申し込み
日程
2019/12/21
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円

講師詳細

外山 信司(トヤマ シンジ)
千葉県内の中・高校にて教鞭をとりつつ 千葉県文書館で千葉県史中世編の編纂を担当。また、佐倉市史編さん委員、佐倉市文化財審議委員、八千代市史編さん委員を務めた。現在、千葉市立郷土博物館 総括主任研究員。千葉歴史学会委員。

【専攻】東国を中心とする中世文学・中世史。房総についての調査・研究を続ける。

【発表した主な論考等】
・「戦国時代の文芸」(『千葉県の歴史 通史編 中世』千葉県、2007年)
・「鎌倉時代の東氏-東国武士の歌の家」(『千葉県史研究』11号別冊・中世特集号、千葉県、2003年)
・「戦国の房総を訪れた連歌師宗長-「東路のつと」を読む-」(『城西国際大学日本研究センター紀要』6号、2011年)
・「『雲玉和歌集』と印旛浦-本佐倉城主千葉勝胤との関連を中心に-」(『旧国中世重要論文集成 下総国』戎光祥出版、2019年、初出は1996年)