太田治子さんと楽しむクリムト展 上野で過ごす極上の一日

  • 太田治子講師
  • グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》  1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館
  • 太田 治子(作家)
講師詳細

 作家の太田治子さんと上野で極上の春の一日を過ごします。
 今回は19世紀の日本とウィーンを楽しみます。創業140年の老舗・韻松亭でゆっくり伝統の味に舌鼓をうち、東京都美術館で開催中のウイーンで花開いた世紀末美術を代表する画家グスタフ・クリムトの過去最大級の展覧会にむかいます。クリムトを愛する太田さんならではのお話は作品理解を一層深めることでしょう。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2019/5/23
曜日・時間
木曜 12:15~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,560円 一般 8,100円
持ち物など
JR上野駅集合予定。
昼食代込み。美術館入館料別(65歳以上の方で当該チケットをご利用の際は、美術館入館時に年齢を確認できるものが必要となります)。
その他
キャンセルは10日前までとなります(昼食の関係上)。
*観覧チケットをお持ちでない方は予め受付でお求め頂くか、当日、現金引換えにてお渡しすることも可能です。前売り券65歳未満は1,400円 65歳以上は800円です。当日の受け渡しの場合も事前にチケットのご予約をお願いします。

講師詳細

太田 治子(オオタ ハルコ)
 明治学院大学文学部英文科卒。高校2年の時に書いた手記「十七歳のノート」が話題となる。昭和61年『心映えの記』で坪田譲治文学賞受賞。昭和51年から54年まで、NHK「日曜美術館」でアシスタントをつとめる。『母の万年筆』『私のヨーロッパ美術紀行』『万里子とわたしの美術館』『万里子の色鉛筆』『空の上のお星さま』『絵の中の人生』『青い絵葉書』『花の見た夢』『風の見た夢』『恋する手』『石の花』『明るい方へ』『時こそ今は』『夢さめみれば-日本近代洋画の父・浅井忠』、『星はらはらと-二葉亭四迷の明治』『100分de名著 中原中也詩集』など多数。