貴族日記にみる房総の武将たち 3 藤原定家門前払いされた東胤… 4回シリーズ
  • 教室開催

  • 野口実講師
  • 野口 実(京都女子大学名誉教授)
講師詳細

 鎌倉時代、宇都宮氏とならんで関東の歌壇をささえた東氏の一族。その先鞭をつけたのが三代将軍源実朝からも重用された東胤行(素暹)でした。その胤行や当時の関東の武士たちが京都でどのように行動し、文化を享受していたのか、さまざまなエピソードをのせる『明月記』を繙いてみましょう。
 ① 11月 7日  国守の妻女も「憂死」にさせた平忠常(小野宮実資『小右記』)
 ② 11月21日  京都でも有名だった大豪族・上総広常(九条兼実『玉葉』)
 ③ 12月 5日  藤原定家に門前払いされた東胤行(藤原定家『明月記』)
 ④ 12月19日  貴族邸に押し入った千葉介の家来たち(広橋経光『民経記』)
  

この講座は終了しました
日程
2020/12/5
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,410円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円

講師詳細

野口 実(ノグチ ミノル)
のぐち みのる 千葉市出身。青山学院大学大学院修了。文学博士。京都女子大学名誉教授。著書に『列島を翔ける平安武士』(吉川弘文館)、『武士の棟梁の条件』(中公新書)、『東国武士と京都』(同成社)ほか多数。