【オンライン受講】〝闘論〟忖度政治よ、さらば! ~おまかせ民主主義への決別
  • 教室・オンライン同時開催

  • 望月 衣塑子(東京新聞記者)
  • 佐高 信(評論家)
講師詳細

※こちらは【オンライン受講】のお申し込みページです。

参院選は、自民が単独で改選議席の過半数を獲得しました。
選挙は民主主義の礎です。でも、選挙が終わったからと言って、政権や政治家に〝白紙委任〟していいわけはありません。今後の日本の政治や社会のありよう、岸田政権と民主主義の行方は?佐高信さんと望月衣塑子さん、論客2人が参院選を振り返りながら、より鋭く、より激しく、持ち前の辛口、直言で存分に語ります。

■教室受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/b8666fda-80a1-7f20-ae05-62a7dd367f87


<ご案内事項>
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank など)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は、cb9info@asahiculture.comまでお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座視聴リンクの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は、cb9info@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

※はじめてZoomを利用される方は、下記URLから事前にテストを行ってください。
https://zoom.us/test/

この講座は終了しました

注意事項

<WEB限定夏休み割キャンペーン対象講座>期間8/10~8/18
キャンペーン詳細はこちら:https://www.asahiculture.jp/special/chiba/2022natsuwari

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、cb9info@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。オンライン受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。
・こちらはオンライン受講用の受付になります。教室受講はこちらからお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/b8666fda-80a1-7f20-ae05-62a7dd367f87

日程
2022/9/10
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,840円
設備費(税込)
165円
その他
※当日のお問い合わせは、お電話でお願いします。(℡043-227-0131)

講師詳細

望月 衣塑子(モチヅキ イソコ)
2000年東京新聞に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。04年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をス クープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。東京地裁・高裁での裁判を担当、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などテーマに取材。17年4月以降は、森友学園・加計学園疑惑の取材、伊藤詩織さんの準強姦疑惑事件の取材などにも関わる。
佐高 信(サタカ マコト)
1945年生まれ。高校教師、経済誌編集長を経て、評論家活動に入る。東北公益文科大客員教授。日本の企業社会の“病巣”を「社畜」という言葉で表現し、会社・経営者批評の1分野を開いた。経済評論にとどまらず、幅広く現代日本をタブーなく“斬り”続ける。近著に「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」「佐高信の徹底抗戦」「竹中平蔵への退場勧告」「総理大臣菅義偉の大罪」「佐藤優というタブー」「時代を撃つノンフィクション100」「企業と経済を読み解く小説50」など。