• 見学可

幕末・維新 安政維新を中心に 消された歴史を顕在化する

  • 穂高講師
  • 『安政維新』書影
  • 穂高 健一(日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員)
講師詳細

「ペリー提督がきて、日本は蹂躙(じゅうりん)されて開国した」―それは明治政府の薩長閥の政治家が自分たちを大きく見せるために、徳川政権を貶(けな)すワナでした。こんな嘘がまかり通った日本の歴史教科書だから、自国の日本史が必修科目にもならなかったのです。講師の著書「安政維新」(阿部正弘の生涯)を教材にした幕末シリーズです。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/6/20, 7/4, 7/18
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
テキスト『安政維新 阿部正弘の生涯』(南々社、講師著) ※千葉教室受付にて販売
カリキュラム

講師詳細

穂高 健一(ホダカ ケンイチ)
1943年、広島県生まれ。「千年杉」で第42回地上文学賞受賞。1943年、広島県生まれ。「千年杉」で第42回地上文学賞受賞。2004年9月13日から10月5日まで北海道新聞に掲載された「潮流」は第7回いさり火文学賞(北海道新聞社、2004年)受賞。日本文藝家協会会員、日本ペンクラブ広報委員会委員、日本山岳会会員、日本写真協会会員。ジャーナリスト、写真家としても活動中。