【教室】編集者がみた司馬遼太郎 ~「酔って候」山内容堂の世界 オンライン講座
  • 教室・オンライン同時開催

  • 村井講師と司馬遼太郎
  • 村井 重俊(週刊朝日編集委員)
講師詳細

司馬さんはよく、「長編小説を書くより、短編小説を書くほうがエネルギーが要る」と語っていました。「酔って候」もファンに人気の短編でしょう。土佐の領主、山内容堂が主人公で、幕末の政局に臨んだ風変わりな殿様です。徳川慶喜に一目置かれる頭脳を持ちつつ、どこか投げやりでもあり、常に泥酔してみせる。幕末よりも戦国が似合いそうな容堂について、最新の研究も踏まえて話します。

■オンライン受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/9a57b92f-060f-9e4a-761e-60038364a952

お申し込み

注意事項

・本講座は教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・教室受講でお申し込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。
・オンライン受講希望の方は、下記ページからお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/9a57b92f-060f-9e4a-761e-60038364a952

日程
2021/11/6
曜日・時間
土曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:受講券または「お申し込み完了」画面がみられる端末
※入場前の検温、手指の消毒、マスクの着用など感染症対策にご協力をお願いいたします。
※教室は、変更になる場合がございます。

講師詳細

村井 重俊(ムライ シゲトシ)
1958年、北海道生まれ。週刊朝日編集委員。83年、早稲田大学法学部卒業後、朝日新聞社に入社。「週刊朝日」「アサヒグラフ」編集部を経て。89年から「街道を行く」の担当となる。2005年から現職で、「週刊司馬遼太郎」を連載。著書に「街道をついてゆく」(朝日文庫)