韓国語で読む『わたしに無害なひと』

  • 講師
  • 古川 綾子(神田外語大学非常勤講師 )
講師詳細

出版社がそれぞれの枠を越えて韓国文学のイベントを行うなど、さまざまな角度から韓国文学の魅力が語られるようになってきました。
この講座では韓国語で小説を味わいます。大切に思っていたのに傷つけてしまったことへの苦悩、他者の苦しみを切り捨てたことへの悔恨などが描かれた短編集『わたしに無害なひと』から「601、602」を取り上げます。男子優先の家庭で育つ少女が隠していたことは。本書を訳した講師が文中に出てくる文化や習慣も解説。
※韓国語を3年以上、学んだ方が対象です。
 ※8/26が9/30に変更になりました。

お申し込み
日程
2020/9/30
曜日・時間
第4週 水曜 10:00~11:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,850円
設備費(税込)
110円
持ち物など
プリント教材
その他
3年以上韓国語を学んだ方が対象

講師詳細

古川 綾子(フルカワ アヤコ)
神田外語大学韓国語学科卒業。延世大学教育大学院韓国語教育科修了。
文化体育観光部発行韓国語教員2級取得。第10回 韓国文学翻訳院翻訳新人賞受賞。神田外語大学非常勤講師。
主な訳書に『降りられない船―セウォル号沈没事故からみた韓国』(クオン)、『未生 ミセン』1―9巻(講談社)、『走れ、オヤジ殿』(晶文社)、『そっと 静かに』(クオン)、『娘について』(亜紀書房)など。
『未生 ミセン』で第20回 文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。・