【教室受講】折口信夫は難しいか 「古代研究」の新しい見方
  • 教室開催

  • 上野 誠(国学院大学教授(特別専任))
講師詳細

【オンライン受講】を希望の方はコチラ
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/be8bb08d-3d9c-5d47-c172-62a4104847db

※メール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。


難解と思われている折口信夫の著作。しかし、その全体を見通してゆくと、おぼろげながら新しい日本研究、古典研究の視点が見えてくる。
この講座では、核心になる部分を丁寧に読み解き。著作全体への見通しを考えてみたい、と思います。多様でいて一つ。一つに見えて多様。他界へのあこがれ、他界からやってくるマレビト。マレビトへのもてなし。もてなしから、展開する芸能。それらを一つの円と見ないかぎり、折口信夫の知の総体を理解することとはできません。
さまざまな事例から、教室の皆さんと折口信夫の著作を読み解いてゆきたいと思います。(講師・記)

お申し込み

注意事項

<WEB限定夏休み割キャンペーン対象講座>期間8/10~8/18
キャンペーン詳細はこちら:https://www.asahiculture.jp/special/chiba/2022natsuwari
・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/9/28
曜日・時間
水曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 4,620円
設備費(税込)
165円

講師詳細

上野 誠(ウエノ マコト)
1960年生。國學院大學卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。日本民俗学会研究奨励賞受賞、上代文学会賞受賞。角川学芸賞、白川静漢字文化章、日本エッセイストクラブ賞など受賞。著書に『魂の古代学―問いつづける折口信夫』(角川財団学芸賞受賞・角川ソフィア文庫)、『万葉びとの奈良』(新潮選書)、『日本人にとって聖なるものとは何か―神と自然の古代学』(中公新書)、『美しい日本語が話せる 書ける 万葉ことば』(幻冬舎)、『万葉集から古代を読みとく』(ちくま新書)、『折口信夫的思考  越境する民俗学者』(青土社)、『万葉文化論』(ミネルヴァ書房)など多数。上野誠の万葉エッセイ http://www.manyou.jp/