千葉発!伊藤詩織さん・望月衣塑子記者と考える#Me Too 会場受講

  • 伊藤詩織さん(©︎Hanna Aqvilin)
  • 望月衣塑子さん
  • 伊藤 詩織(ジャーナリスト)
  • 望月 衣塑子(東京新聞記者)
講師詳細

性暴力の被害に遭ったと公表、米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたジャーナリスト伊藤詩織さん。彼女の行動は性暴力を告発する日本の「#Me Too(私も)」運動を広げるきっかけになった。一方で、批判や脅迫にさらされ、背後では権力関与を疑わせる不可解なことも起きた。当事者、この問題の真相を追及してきた望月衣塑子さんと一緒に考える。

オンライン受講をご希望の方はこちら↓
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/4db2c36d-46ce-78f2-9c25-601b72a46eec

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

※オンライン講座のお申し込みは引き続き受け付けております。
https://www.asahiculture.jp/course/chiba/4db2c36d-46ce-78f2-9c25-601b72a46eec

日程
2021/3/13
曜日・時間
土曜 11:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 4,400円
設備費(税込)
110円
持ち物など
会場 三井ガーデンホテル4階天平の間

※自動検温器を設置し、新型コロナウイルス感染防止策を強化しました。ご受講前に必ず検温し、あわせてアルコール液で手指を消毒をお願いします。

講師詳細

伊藤 詩織(イトウ シオリ)
1989年生まれ。ジャーナリスト。BBC、アルジャジーラ、エコノミストなど、主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信している。国際的メディアコンクールNew York Festivals 2018では制作したドキュメンタリー『Lonely Death』(CNA)と『Racing in Cocaine Valley』(Al Jazeera)が2部門で銀賞を受賞。性暴力被害についてのノンフィクション『Black Box』(文藝春秋社)は本屋大賞ノンフィクション部門にノミネートされる。第7回自由報道協会賞では大賞を受賞し、5ヶ国語で翻訳される。

2019年ニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。
2020年米TIME誌の世界で最も影響力のある100人に選出される。
望月 衣塑子(モチヅキ イソコ)
2000年東京新聞に入社。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。04年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をス クープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。東京地裁・高裁での裁判を担当、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などテーマに取材。17年4月以降は、森友学園・加計学園疑惑の取材、伊藤詩織さんの準強姦疑惑事件の取材などにも関わる。