羽根ペンを、自分で作って、書いてみよう!

  • 羽根ペンの作品見本
  • 木作輝代講師
  • 木作 輝代(カリグラファーズ・ギルド会員)
講師詳細

19世紀に金属ペンが開発されるまで、中世ヨーロッパの主要な筆記具は羽根ペンでした。グースの風切羽根をペンの形に成形し、金属のインク止めを入れて完成させます。中世に戻った気分で文字を書いてみませんか?

◆当日、教材代(約500円)を教室内でお支払いください(受講料には含まれていません)。

この講座は終了しました
日程
2020/4/10
曜日・時間
金曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
持ち物など
【持ち物】カッター(普通サイズか小さめのもの)、はさみ(できるだけ小さいもの。眉毛カット用でも可)、ピンセット、ポケットティッシュ(数枚でもOK)、筆記用具、お持ちであればカッターマット(新聞や雑誌など、机を傷つけないものであれば何でも可)
その他
【中止決定(4/2記)】新型コロナウイルス感染防止のため、開催中止が決まりました(振替はありません)。
◆公開講座ちらし29番で詳細をご確認ください。
◆教材代(約500円)は当日、教室内でお支払いください。
◆朝10時までラポルテ本館1・2階の正面入り口は閉まっています。ラポルテ本館の西側1階または東側(竹園ホテルとの間)の1・2階からエレベーターを利用して4階までお上がり下さい。

講師詳細

木作 輝代(キサク テルヨ)
1993年より講師活動を始める。カリグラフィー・ネットワーク初代運営委員。全国の講師組織カリグラファーズ・ギルド現運営委員。講師養成のマスタークラス担当講師の一人。著書に『マーカーで書くカリグラフィー』。