• トライアル可

欧州文化物語 ウイーンのベートーベン —生誕250周年とウイーン市民

  • 田中映男講師
  • 田中 映男(元オーストリア大使)
講師詳細

元外交官として日欧両方の文化の面白さを知る講師が、自身の経験に基づいて様々なテーマで欧州の文化を語る講座です。外交官として日欧両方の文化の面白さを知る講師が、自身の経験に基づいて様々なテーマで欧州の文化を語る講座です。
今期のテーマは「ウイーンのベートーベン —生誕250周年とウイーン市民」と題し、講師が楽友協会や貴族の友達から聞いたウイーンについて、わかりやすくエピソードで説明します。
私はドイツのボンの大使館に3年勤務しました。よくお客を“楽聖ベートーベン”の生家に案内しました。ウイーンに転勤した最初、誰もが「ベートーベンはウイーンが作った。第九はウイーンだから誕生した」と言うので驚きました。ウイーンに35年暮らし60回以上引っ越した楽聖の人気は高く、今年ウイーンは「みんなのベートーベン」をテーマに5回のオペラ公演、13種の展覧会121回コンサート 232 種類の行事があります(『BTHVN2020』のロゴが判りにくいと批判されていますが)。ボンから来た楽聖はよく散歩しました。後ろで手を組む独特の姿勢で王宮前の人通りの中を好んで歩きました。その姿を見て家人に帰って自慢したらしいです。ベートーベンには伝説と難解が付き物ですが本当でしょうか?講座では分かり易く説明したいと思います。(講師記)


・1回受講を受け付けております。会員3,520円、一般3,960円でご受講いただけます。

7月16日 ハプスブルグ貴族のために働く(天才少年の留学)
7月23日 ウイーン市民時代の寵児(楽聖の誕生)
9月10日 ワグナーもマーラーも目当てにした音楽の北極星(不滅の恋人伝説)

お申し込み
日程
2020/7/16, 7/23, 9/10
曜日・時間
木曜 13:30~15:15
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 9,570円
教材費(税込)
資料代 990円
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きをされる方は、ちらしをご覧ください。受講料と一緒に資料代を事前徴収いたします。※日程が不規則なためご注意ください。

・1回受講を受け付けております。会員3,520円、一般3,960円でご受講いただけます。

講師詳細

田中 映男(タナカ アキオ)
1971年外務省入省。2010年オーストリア大使(兼マケドニアおよびコソボ大使)を退職。40年間に海外の任地に8回勤務(ドイツ、ウイーン、ドイツ、ブラジル参事官、ニューヨーク国連代表部で安保理担当公使、フランクフルト総領事、ナイジェリア大使、ウイーン大使)。仕事で80カ国以上を訪問。常に外国人のあらゆる質問(「日本の妻は三歩下がって歩くか?なぜクジラを殺すのか?」など)に答えるべく日本人と日本文化を勉強。更にその成果を欧米人に理解される言い方や手段で伝達する工夫を重ねる。海外での講演は200回以上に及ぶ。帰国後、日本人には「欧州など諸外国の対日関心増大に答えてもっと交流を深めるべし」、欧州人には「日本の古い文化からもっと学べることを探すべし」と提案している。