ほとけの教えの源流を探る ワードから探る仏教

  • 那須 真裕美(種智院大学非常勤講師)
講師詳細

仏教に興味をもっていざ学ぼうとしても、独特の言葉が難解だ。そのような声をよく聞きます。また、日常に溶け込んでいる仏教由来の言葉でも、実は元来とは異なる意味を持つことがあります。講座では、そのような仏教の言葉を手掛かりとして、仏教が何を語ろうとしているのかをひもといていきます。

10月 「経典」には何が書かれているか
11月 「浄土」とはどんなところ?
12月 「空」をひもとく




お申し込み
日程
2019/10/25, 11/22, 12/27
曜日・時間
第4週 金曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 9,240円
持ち物など
【持ち物】筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方は、文学・宗教3Bちらしをご覧ください。

講師詳細

那須 真裕美(ナス マユミ)
1974年生。龍谷大学文学部仏教科卒。大学院終了。博士(文学)。専攻はインド仏教。日本や中国などの東アジアからインドに到る仏教文化圏における現地調査も行う。