明智光秀・三つの謎 連続歴史講座ファイル4

  • 林 和清(現代歌人集会理事長・歌人)
講師詳細

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公として、一躍注目を浴びる明智光秀。彼には、大きく分けて三つの謎があります。まず、どんな前半生を送ったのか、という謎。また、主君としてつかえた織田信長とどんないきさつで確執が生まれたのかという謎。そして最大の謎は、本能寺の変に黒幕はいたのか、という謎。今期はこの三つの謎に迫ります。歴史の裏話をおもしろくわかりやすくお話しします。今こそ知りたい明智光秀の謎を!

① 明智光秀・謎に満ちた前半生
② 明智光秀・信長との確執の謎
③ 明智光秀・本能寺の黒幕の謎

この講座は終了しました
日程
2020/7/1, 8/5, 9/2
曜日・時間
第1週 水曜 14:00~15:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 一般 9,570円
設備費(税込)
330円
持ち物など
筆記用具
※設備費は教室維持費です。
その他
窓口でお手続される方は、公開ちらし15をご確認ください。
資料を配布します。(実費)

講師詳細

林 和清(ハヤシ カズキヨ)
1962年生。1991年第一歌集『ゆるがるれ』にて第18回現代歌人集会賞受賞。歌集3冊のほか、著書に『ここが京都のパワースポット(淡交社)』、『日本の涙の名歌100選(新潮文庫)』を上梓。総合テレビ「百人一首歌人紀行」などテレビ出演も多数。現代歌人集会理事長、現代歌人協会会員。