聖書の世界 キリスト教の聖書のメッセージと現代人の精神状況

  • 松木 真一(関西学院大学元教授・神学博士)
講師詳細

人類とその歴史に大きなそして深い影響を与えてきたキリスト教の『聖書』とは一体どのような書物なのか。聖書(旧約聖書と新約聖書)の古典としての成り立ち(成立事情)と、聖書の中の各文書(創世記、出エジプト記、詩篇、福音書、パウロの手紙など全66文書)の語るメッセージや思想を詳しく学びながら、特に現代に生きる私たち自身の存在や人生、また精神や内面にどのような意味や意義を持っているのか、できる限り具体的に判りやすく明らかにしたいと思います。



【今期の内容】
キリスト教の人間観について。特に現代人の直面する深刻な危機的状況の中で人間が真に人間らしさを取り戻し、本来の人間性を回復し、本当に希望に満ちた人生を切り拓く道を探求します。例えば、科学技術文明の驚異的な進歩による繁栄・幸福・利便性の裏側に顕わな深刻な核の脅威。原子力・放射能の問題、自然環境・生態系破壊、地球破局の予感。また高度情報化社会におけるネット上の人権侵害、誹謗中傷、おぞましい犯罪の数々。さらに生命科学分野における生命の自由な操作による生命・人間性の軽視・無視・切り捨て、医療ミス、薬品公害、そして諸宗教間対立や衝突のもたらす民族や国家、政治や経済や資源などと結びついた過激なテロ、殺害行為、紛争、戦争の繰り返し、昨今の連続する凶悪な殺害事件。うつなどの心の病、精神的な不安定・行きづまり・崩壊、自殺者の急増、さらに自然災害による人命と人生の犠牲・喪失・・・・といった混沌とした危機的崩壊的状況があげられる。聖書全体に通底する真実の人間観を学びつつ、真剣に探求したいと思います。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/26, 11/9, 11/30, 12/14, 12/28, 1/11
曜日・時間
第2・4 土曜 10:30~12:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,500円 
持ち物など
お持ちであれば新約聖書・旧約聖書をご持参ください。
その他
◆10/12は台風接近のため休講となりました。来年1/11の同時間(通常通り10:30~12:30です。受講券の時間は誤り)に補講を行ないます。
◆定期講座「文学・宗教・哲学」ちらし3-B番で詳細をご確認ください。
◆消費税の増税に伴い、今期から受講料が変更になります。
◆11月は第2・第5土曜に行います。日程にご注意下さい。

講師詳細

松木 真一(マツキ シンイチ)
関西学院大学神学部研究科修士課程修了。京都大学文学部を経てチューリヒ大学留学。関西学院大学元教授。