京都建築さんぽ―京大編 校舎ごとに宿る設計者のこだわり、吉田キャンパスの見学と洋食レトロを楽しむ

  • 本部構内の百周年時計台記念館
  • 楽友会館の内観
  • 川島智生講師
  • 川島 智生(建築史家・京都華頂大学教授)
講師詳細

【注】新型コロナウイルス感染防止のため、当初の5/16から6月以降に延期。日程は調整中です(延期日は未定)。

日本で2番目の帝国大学として明治30年に誕生した京都大学。創設の地である吉田キャンパスには、明治・大正・昭和と各時代を映し出す個性的な校舎が多く存在します。なかには有形文化財に指定されている建築物や、「関西建築界の父」と言われる武田五一氏設計の名作も。本部構内を中心に、旧建築学教室本館(大正11年築)や旧石油化学教室本館(明治22年築)、文学部陳列館(大正3年築)などの外観を見学します。さらに、スパニッシュ・ミッションを基調としたレトロな楽友会館(大正14年築)の内観も見学後、昼食は館内のレストラン「近衛Latin(このえ ラタン)」で洋食のフルコースをお楽しみいただきます。

●月●日(●)11:15 京都市バス・京阪バス「近衛通(このえどおり)」停前
                    (15:00頃 「百万遍」停付近で解散予定)

★ご集合場所の「近衛通」停までは、阪急河原町駅・京阪祇園四条駅からは京都市バス201系統「祇園、百万遍行き」、JR京都駅からは京都市バス206系統「東山通、北大路バスターミナル行き」などのバスまたはタクシーをご利用ください。詳しくは、お申し込みの際にお渡ししますチラシ裏面の現地案内でご確認ください。

【当日の行程(予定)】
近衛通バス停を出発 ⇒ 楽友会館の内観を見学 ⇒ 館内のレストラン「近衛Latin」で昼食 ⇒ 百周年時計台記念館の展示室を見学 ⇒ 本部構内で主な校舎の外観を見学 ⇒ 百万遍バス停付近で解散予定

★ホームページで「満席」の表示が出ていても、お席が空いている場合があります。カルチャーセンターの窓口またはお電話でお問い合わせください。





受付一時中止
日程
/
曜日・時間
11:15~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 9,570円 一般 9,570円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は講座維持費です。
その他
【注】新型コロナウイルス感染防止のため、当初の5/16から6月以降に延期。日程は調整中(延期日は未定)。

◆追加講座ちらし28番で詳細をご確認ください(裏面の現地案内も必ずご確認ください)。
◆受講料には昼食代が含まれています。 ◆ご集合場所の「近衛通(このえどおり)停」へは、各自でバスやタクシーをご利用のうえお越しください。現地までの交通費も各自のご負担となります。 
◆昼食のメインディッシュは、肉料理と魚料理の両方お出しします(内容は当日公表)。 
◆キャンセル手数料は●/●(●)まで550円、●/●(●)以降はご返金ができませんのでご了承ください。

講師詳細

川島 智生(カワシマ トモオ)
1957年生。京都工芸繊維大学博士課程修了。建築史家。学術博士。専門は日本近代建築史、小学校建築史。主な著書に『民藝運動と建築』『奈良の建築家・岩崎平太郎の仕事-武田五一・亀岡末吉とともに』など。