阪神間文学まちあるき-「ゴッホ展」鑑賞&神戸吉兆のランチ ミュージアムロード散策

  • 小西 巧治(西宮芦屋研究所副所長、神戸国際大学非常勤講師)
講師詳細

兵庫県立美術館から北へ1.2kmの道は、ミュージアムロードと呼ばれ美術館が建ち並んでいます。講座では、2020年1月25日から兵庫県立美術館で開催の「ゴッホ展」とBBプラザ美術館の「下村良之介 遊び礼讃」展を鑑賞し、ミュージアムロードを散策します。鑑賞前に学芸員の解説があります。昼食は、神戸の懐石料理の名店、神戸吉兆で。アートとグルメの一日をお楽しみ下さい。

※1/25以降の申し込みは、お電話でご確認をお願いいたします。☎0797-38-2666

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話0797-38-2666で
日程
2020/1/31
曜日・時間
金曜 10:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 8,580円 一般 9,130円
持ち物など
徒歩で移動しますので、歩きやすい服装・靴でご参加ください。
その他
※窓口でお手続きの方は、<公開ちらし15>をご確認ください。
※小雨決行。受講料には展覧会の観覧料は含まれておりません。チケットは各自お買い求めください。
キャンセル手数料は1/24(金)まで550円、1/25(土)以降の受講料のご返金は致しませんのでご了承ください。
※食物アレルギーのある方は、事前にお知らせ下さい。

講師詳細

小西 巧治(コニシ コウジ)
西宮芦屋研究所副所長をつとめ、神戸国際大学では非常勤講師として「阪神間文化論」を担当。朝日新聞の英文WEBサイトAJWのHanshinkan Kidシリーズへの寄稿をはじめ、新聞各紙への阪神間文化情報の提供やNHK、関西テレビ、ラジオ関西などのメディアへの阪神間文化関連番組への出演も行う。