戦国時代を歩く  明智光秀の「丹波攻め」激戦地、黒井城跡を訪ねて

  • 本丸の虎口
  • 斎藤利三の下館があった興禅寺
  • 福島克彦講師
  • 福島 克彦(城郭談話会会員)
講師詳細

丹波三大山城の一つで、続日本100名城にも選ばれている堅城、黒井城。織田信長の命を受けた明智光秀によって、丹波平定を目的に天正4(1576)年から二度にわたる攻撃で落城。その後、光秀の重臣・斎藤利三を城代として入れました。標高356mの猪ノ口山の三方尾根伝いに多数の曲輪や砦を配し、全山を要塞化しているのが特徴です。野面積みの石垣や階段状の曲輪群など良好な状態の遺構をはじめ、下館跡の興禅寺と戦国期の面影を残す城下町も見学します。(徒歩約4km。山道を歩きます。健脚者向き)

3月15日(日) 11時10分 JR福知山線「黒井」駅改札口集合
                     (同駅で16:10頃解散予定)

【行程】 ※天候等の理由でコース内容が変更する場合があります。 
黒井駅を出発 ⇒ 興禅寺の拝観とお昼休憩 ⇒ 黒井城に入山 ⇒ 山上付近の遺構を見学 ⇒ 下山 ⇒ 黒井の城下町を散策 ⇒ 黒井駅に到着後、解散予定

★予定どおり3月15日(日)に講座を行います。(3月9日記)

★ホームページで「満席」の表示が出ていても、お席が空いている場合があります。カルチャーセンターの窓口またはお電話でお問い合わせください。


この講座は終了しました
日程
2020/3/15
曜日・時間
日曜 11:10~16:10
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,070円 一般 4,620円
持ち物など
【持ち物】お弁当、飲み物、敷き物、雨具、筆記用具。歩きやすい服装と靴でご参加ください。登山用の杖もお持ちいただくことをおすすめします。
その他
公開講座ちらし32番で詳細をご確認ください。■交通費は各自でご負担ください。■少雨実施です。但し、前日の天気予報で大雨・大雪などの警報が出ている場合は、前日の午後に中止もしくは順延のご連絡を差し上げます。■キャンセル手数料は、前々日の3/13(金)まで550円、前日の3/14(土)と当日は返金できません。■当日、ご欠席または集合時間に遅れて来られる場合は、添乗員の携帯電話(お申込の際にお渡ししますチラシをご参照ください)まで必ずご連絡をお願いします。当日、朝日カルチャーセンター芦屋教室は休館しておりますのでご注意ください。

講師詳細

福島 克彦(フクシマ カツヒコ)
1965年生。立命館大学文学部卒。愛知県立知多高等学校教諭、大山崎町歴史資料館学芸員を経て現職。専門は日本中世史、城郭史。著書に『畿内・近国の戦国合戦』。