輪ゴム巻くだけセルフケア 手に、耳に、グルグル巻いて健康アップ!

  • 手のひらの図
  • マスク耳輪ゴム
  • 松岡佳余子講師
  • 松岡 佳余子(松岡鍼灸院院長・アジアンハンドセラピー協会理事)
講師詳細

手のひらや耳には、「体の縮図」と言われるように、全身のツボがたくさん集まっています。輪ゴムを指や耳に巻くことで、ツボやリンパ節が刺激されて血液の流れが良くなり、頭痛、肩・首のコリ、めまいといった体の不調を軽減させるだけでなく、風邪や感染症の予防にもつながります。東洋医学に基づいて講師が考案した、輪ゴムを使っての「手もみケア」と「耳輪ゴム」をご紹介。さらに、マスクのゴムを使ってリンパ節を刺激する「マスク耳輪ゴム」もお教えします。コロナ禍の今だからこそ、病院に頼らず、誰でもいつでも簡単にできるセルフケアをしっかり身につけて、あなたの健康を守りましょう!

お申し込み
日程
2021/1/30
曜日・時間
土曜 13:30~16:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,620円 一般 4,950円
持ち物など
【持ち物】
輪ゴム6~8本、マスク1~2枚(耳に引っ掛ける部分がゴム状のもの)
※スタンドミラーをお貸しします。ご自身でお持ちいただいても結構です。
その他
◆公開講座ちらし2番で詳細をご確認ください。 ◆途中で10~15分ほど休憩があります。
◆特典として「指もみリング」を1個プレセントします(色は金・銀のどちらか。講座終了後にお渡しします)。
◆当日、配布資料がある場合は資料代を実費でいただきます。
◆当日以降のキャンセルはご返金できませんのでご了承ください。

講師詳細

松岡 佳余子(マツオカ カヨコ)
1948年生。67年より電気鍼の発明者である中谷義雄博士(医師)の内弟子として鍼灸修行を開始。中国の上海、北京、瀋陽で研修後、90年より高麗手指鍼を取り入れ、手のツボ療法と手相診の普及に努めている。