知りたい「密教」―密教のほとけと表現-

  • 那須 真裕美(種智院大学非常勤講師)
講師詳細

華麗な仏像や曼荼羅、不思議な響きを持つ経典、独特の形式になる建造物。日本の仏教と文化、美術、歴史など多方面に深く根付く密教ですが、いったいどの辺りが、どのような要素が「密教」なのでしょうか。密教の多彩な魅力のうち、今回は密教のほとけと表現に焦点をあてて探っていきたいと思います。
(今期で終了します)



1月 象徴化されるすがた
2月 規範と創造

お申し込み
日程
2021/1/22, 2/12
曜日・時間
第4週 金曜 10:30~12:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 5,500円 一般 6,160円
持ち物など
【持ち物】筆記用具
その他
窓口でお手続きされる方は、文学・宗教3Bちらしをご覧ください。※2月は第2週です。ご注意ください。※今期で終了します。

講師詳細

那須 真裕美(ナス マユミ)
1974年生。龍谷大学文学部仏教科卒。大学院終了。博士(文学)。専攻はインド仏教。日本や中国などの東アジアからインドに到る仏教文化圏における現地調査も行う。