戦国時代を歩く  光秀最期の激戦地、勝龍寺城と山崎古戦場跡を訪ねて

  • 勝龍寺城
  • 山崎古戦場跡(手前は小泉川、右奥は天王山)
  • 福島克彦講師
  • 福島 克彦(城郭談話会会員)
講師詳細

明智光秀の三女・玉子(ガラシャ)が細川忠興と婚礼の式を挙げ、新婚生活を過ごした場所として知られる勝龍寺城。光秀が本能寺の変後の山崎合戦で拠点とした城でもあり、敗北が濃厚となった際にここへ退却したと伝えられています。枡形虎口の北門跡や土塁、空堀、井戸跡といった遺構をはじめ、光秀の本陣跡と推測される恵解(いげの)山古墳と境野1号墳、目の前に天王山が広がる山崎古戦場跡などを巡り、最期まで勝算を抱きながら戦った光秀の真相に迫ります。当日は講習会も行う予定です。(徒歩約4㎞)

9月6日(日) 10:00 JR京都線「長岡京」駅 改札口集合
              (阪急京都線「西山天王山」駅で16:00頃 解散予定)

【行程】 ※天候等の理由でコース内容が変更する場合があります。 
長岡京駅 ⇒(すべて徒歩で移動)⇒ 講習会とお昼休憩 ⇒ 神足神社(神足公園)の土塁と空堀を見学 ⇒ 勝龍寺城と資料館を見学 ⇒ (時間があれば勝龍寺) ⇒ 恵解山古墳 ⇒ 境野1号墳 ⇒ 山崎古戦場跡 ⇒ 西山天王山駅に到着後、解散予定

★お申し込みの受付は6月8日(月)から開始します。

★ホームページで「満席」の表示が出ていても、お席が空いている場合があります。カルチャーセンターの窓口またはお電話でお問い合わせください。

★新型コロナウイルスの影響で中止になりました4月期の講座(5/17)をご入金済み(WEB決済を除く)で、7月期をお申し込みされる方は、4月期の受講料と相殺しますので当センターまでご連絡ください。

残席わずか
日程
2020/9/6
曜日・時間
日曜 10:00~16:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,070円 一般 4,620円
設備費(税込)
110円
持ち物など
【持ち物】お弁当、飲み物、敷き物、雨具、筆記用具。歩きやすい服装と靴でご参加ください。
※設備費は教室維持費です。
その他
公開講座ちらし7番で詳細をご確認ください。■交通費は各自でご負担ください。■雨天実施です。但し、前日の天気予報で大雨・台風などの警報が出ている場合は、前日の午後に中止もしくは順延のご連絡を差し上げます。■キャンセル手数料は、前々日の9/4(金)まで550円、前日の9/5(土)と当日はご返金ができません。■当日、ご欠席または集合時間に遅れて来られる場合は、添乗員の携帯電話(お申込の際にお渡ししますチラシをご参照ください)まで必ずご連絡をお願いします。当日、朝日カルチャーセンター芦屋教室は休館しておりますのでご注意ください。

講師詳細

福島 克彦(フクシマ カツヒコ)
1965年生。立命館大学文学部卒。愛知県立知多高等学校教諭、大山崎町歴史資料館学芸員を経て現職。専門は日本中世史、城郭史。著書に『畿内・近国の戦国合戦』。